karoom


karoom diary
by karusuke1229
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ご報告

なかなか心の整理がつかない、イヤ、そんなのつく日なんて来ない。
本当はこうやって文にすることも現実として認めるみたいでイヤ。
けど、会うことが難しいお友達のためにもと、今PCに向かってます。

6日にカルビの肺と脾臓に悪性腫瘍が見つかりました。
カルビの年齢と腫瘍の状態を見て、掛かりつけの先生は 
このまま何もしないで残された時間を普段通りの生活をする選択肢もあります と言いました。
そう、もうカルビの体を蝕んでいる腫瘍には治療する手立てがないということを意味してました。
けどね、 はいそうします なんて納得できるハズなんかない。
すぐに大学病院でもっと詳しく検査をしてもらう手配をお願いし、いちばん早い予約(それでも4日後の10日)をしてもらいました。そして10日の検査、結果はものすごく進行の早いガンだということでした。
最初の発覚から4日で更に腫瘍の数が増えていて、更に血液の状態も物凄く悪くなっているとのことでした。
余命宣告は1~2週間。たったのそれだけ・・・目の前も頭も真っ白で、ただ涙が流れるのを我慢することしか出来ませんでした。

なんでこの時期にって思いが強い。
それは、Shuくんがまさにその日から約1ヶ月間の海外出張に出発したばかりだったから。
彼はその重い宣告を遠く離れた場所で私からメールで伝えられたのです。
きっと凄くもどかしくて、辛くて、悲しくて、いますぐに飛んで帰りたいことでしょう。
本当に心の底から どこでもドア が欲しいって思ってます。

今、カルビは家の中で大人しく寝ています。
食欲も落ちてきていて、カルビに会ったことがある人には カルビがご飯を残す なんて言ったら、とても驚くことでしょう。
散歩も行きたがらなくなりました。
でも、何日単位での余命宣告をされたとは思えないほど、見た目には普通です。
本当は凄く辛くて、あちこちが痛いのかもしれない。
なんでもっと早くに発見してあげられなかったんだろう。1月の診察で発見できていたら、
もっと違う結果がでていたのかな??? そんな思いばかりが頭にあります。
もうカルビと一緒にどこまでも歩いて、遊ぶことが出来ないなんて、まだ信じられない状態です。
ほんの1週間前は、まだ元気にガシガシと散歩をしていたのに・・・

今の目標は余命宣告の期限を突破して、Shuくんの帰国を2人(1人と1匹)で迎えることです。

[PR]
by karusuke1229 | 2009-02-12 10:50 | カルビ
<< ご報告② さようなら~ >>