karoom


karoom diary
by karusuke1229
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

大反省

c0000085_8321669.jpg
一晩明けたいまも、まだショック継続中。 心がゾワゾワ。

昨日、お花見から家に帰る途中で、いくらが事故にあってしまいました。
休憩をしていたお店で、いくらがある音でパニックになってしまって、車道に飛び出し、車に衝突。
それで、さらにパニックになってしまって逃走。
物凄い交通量とお昼時のサラリーマンがごった返している都会のど真ん中。
パニック状態のいくらに私の声が聞こえるはずもなく、あっというまに見失ってしまいました。
Shuの勤務先が近くだったので駆けつけてもらい、
お願い!どうか無事でいて!と思いながらの捜索でした。
泣いてるヒマがあったら捜せ~、走れ~、人に聞け~ ってずっと自分を叱咤し続け…
1時間ほど経ったとき、Shuが届け出をしていてくれた交番から連絡。
迎えに行ったのは、見失った場所から遠く離れた隣町の交番。

偶然なのかな? 一緒に歩いたことは一度もない初めての場所だったのに、
いくらは自分の家の方向に進んでいたようです。
これが犬の帰巣本能???

そのまま病院へ直行し、診察してもらいましたが、軽い打撲と擦り傷はあるけど、
内臓損傷もなさそうということで経過観察。
一晩経ったけど、食欲もあるし、お腹の調子も大丈夫、どこを触ってもケロっとしてる。
 
色々なことが良い方に転がってくれて、ケガもなく、無事に戻ってきてくれました。

いくらを捕まえようとしてくれた人
走って行ってしまった方向を教えてくれた人
ずっとここに居たけど見かけなかったから、こっちに来てないと思うよと助言してくれた人
いくらを交番に連れて行ってくれたサラリーマンとOL4人組の方々
親切にしてくれた交番のお巡りさん
交番から病院まで、タクシーに乗せてくれた運転手さん
休憩中なのに診察してくれた先生
いくらにケガがない程度にぶつかってくれた?車の運転手さん
お昼ごはんにラーメンを食べようとしていたところで、駆けつけてくれたShu

カルビ! もしかしてパニックの妹がこれ以上ケガをしないように見守って、
オウチの方へ導いてくれてた? って、今、ふいに思った。

本当に本当に本当に、全ての人、出来事、偶然に、どうもありがとう!!!

で、自分に大反省。大反省の大の字、10000文字繰り返しても足りない。
本当に不甲斐ない。
いくら、怖い経験をさせちゃってごめんね。 帰ってきてくれて、ありがとう。

[PR]
by karusuke1229 | 2010-03-31 17:44 | いくら
<< 異常なし 桜はまだまだ >>