karoom


karoom diary
by karusuke1229
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

財布はどうしたバカ夫!

本日午前2時過ぎの出来事。
グッスリと就寝中にケータイが鳴る。ケータイはリビングなので取れるわけも気もない…
すると今度は家の電話。フガーっ と隣を見るとShuはまだ帰ってきておらず。
また何かやらかしたね・・・ と思いながら電話に出ると、案の定Shuから。

Shu 「 今、マンションの前。タクシー代を貸してください 」
私 「 お金、持ってないの? 」
Shu 「 お財布がないの。落としたみたい 」
私 「 ・・・ 」

外に出ると、そこには予想通りのフラフラ夫。
フンッ!とお財布を無言で渡すと、急いで勘定を済ませるヨレヨレ夫。

よ~くご存じの人々は あぁ、またやったんだね(笑) なもん。
真夜中に起こされて、顔を見たら頭から血を流したShuが立っていて、
ギョッ!としたことだってある。
でも、久しぶりのやっちゃっただ。
実は、つい3日前に大親友(笑)も 似たようなこと を仕出かして、
Shuは、「やっぱりTさんには敵わないよなぁ~」なんて言ってたばかりだ。

家に入ってからは、ひたすら私とイクラに謝り続けるヘコヘコ夫。
とにかく、クレジットカード類を止める手続きを…(ここらへんも慣れたもん)
と行動に出ようとした瞬間。
ズボンのポケットに手をいれると、そこにはお財布が…

イクちゃん! あなたの飼い主の男の方は、大大大バカ者よ。
噛みついてもよろしい。

[PR]
by karusuke1229 | 2010-08-04 17:17 | 日常
<< ご馳走パラダイス 干すっ最高! >>